徒然

集中力維持のドーピング。ポモドーロ・テクニックを知ってるかい

f:id:TurezurePudding:20190612224109p:plain

本日はタイトル通り

 

僕が結構前から使って

ここぞという時に集中させるのに役立っている、心理?テクニック

ポモドーロ・テクニック」の紹介です。

 

 

ポモドーロとは聞きなれない名前ですが

このテクニックを知ったのが、大学受験の浪人時代にどハマりしていたYouTuber「瀬戸弘司」さんの動画を見てからです。

 

載せておきます。

「瀬戸弘司さんのポモドーロ・テクニック紹介動画」

【仕事が遅い人にオススメ】ポモドーロテクニックを導入してみました。 - YouTube

 

まぁぶっちゃけ!!

この動画を見れば、概要がわかるのですが、、

むしろこの動画の方がわかりやすいのですが

 

偶然、外にいてWiFi環境が無くて、、

今どうしても見たい!という方のために

活字で解説しましょう。

 

ポモドーロ・テクニックとは

仕事や勉強、家事などを25分続けた後に5分の休憩をとる。

そしてそのサイクルを最大4回続ける。

 

これです。

本当にこれだけです。

 

どういうメカニズムか、何で生まれたか

まとめていきたいと思います。

 

 

ポモドーロ・テクニックのメカニズム

 

締切間近の集中力?

みなさんは誰しも?、締切直前の集中力というのを経験したことがあるかと思います。

このレポートを明日までに仕上げなければいけない、、

なんとか間に合った!という時の集中力って凄いですよね。

 

ポモドーロ・テクニックは、この集中力を人為的に再現しようというものです。

その状態のことを、ゾーンに入るとかフロー状態というのですが

このテクニックの使い方では結構かんかたんにその状態に、近づけることができます。

f:id:TurezurePudding:20190510202802j:image

人の集中力の持続時間

人間の集中力というのは

1番集中しまくって15分

普通に集中できるのが30分

限界でも45分、超人的な人でも90分だそうです。

なので、ポモドーロ・テクニック的には

25分というのは丁度よさそうな時間ですね。

 

どうやって生まれた?

生みの親は大学生

ポモドーロ・テクニックが生まれたのは、以外にも30年以上前の1987年!

生み出したのは、イタリア出身のソフトウェアエンジニアのフランチェスコ シリロという人。

当時、大学であったシリロは社会学の試験勉強のために3冊の本を読む必要がありました。

しかし、試験日まで時間もなく焦っていました。その時に、シリロは「自分は10分でも集中することが出来るのか?」と自問し

時間を計るのに、トマト型のキッチンタイマーを使いだしました。

そして、時間を区切り始めたのがポモドーロの生まれなのです。

f:id:TurezurePudding:20190510203034j:image

 

ポモドーロとは

まず、名前の元になったポモドーロですが、これは単純に

イタリア語で「黄金のリンゴ 」→「トマト

のことです。

つまり、この時に使っていたのがトマト型のキッチンタイマーだったから

ポモドーロ・テクニックとなったのです。そのその後、シリロは勉強や仕事の能率を高めることに打ち込み

試行錯誤を重ね、現在の形になりました。

f:id:TurezurePudding:20190510202949j:image

 

具体的な手順

  1. 実行する予定をたてる
  2. タイマーを設定(25分がベスト)
  3. タイマーが鳴るまで集中する
  4. タイマーが鳴ったら、手を止め予定リストにチェックを入れる
  5. 5分休憩する(仕事に、触れないリラックスだけを求めた休憩)
  6. これを1ポモドーロとし4ポモドーロ蹴り返した後20〜30分の大きな休憩をとる

 

フランチェスコ シリロ本人のサイトを載せときます。

The Pomodoro Technique® - proudly developed by Francesco Cirillo | Cirillo Consulting GmbH

 

ポモドーロを行うのに必要なもの

必要なのはタイマーのみです。

25分と5分測ることができるなら

本当のトマトキッチンタイマーでもいいですし、アラーム付きの時計でもかまいません。

 

結構便利なのがアプリです

僕はAndroidなので

一応どちらにも対応したアプリを、のせておきます。

ポモドーロ・タイマー (Pomodoro Timer)

ポモドーロ・タイマー (Pomodoro Timer)

CSM Net無料posted withアプリーチ

 

 

アプリを選ぶ際に重要なポイント

  • 25分以外にも設定できること
  • 予定をチェックする機能があること
  • 気に入ったデザイン

 

主にこんなかんじです。

25分はあくまで世間的に認められた数字なので、自分で15がしっくりくる!という方は15分設定にしてもいいと思います。

ちなみに、僕は勉強中やこのブログを書く時は15分5分のサイクルにしてます。

 

f:id:TurezurePudding:20190510202847j:image

休憩の時の過ごし方

 

 

1番大事なことは、その仕事や勉強に触れないこと

頭をリラックスさせることです。

もしsnsが気になるという方はその5分の間にチェックするのもいいと思います。

 

ただ、その5分だけにすること!!

次のサイクルに持ち込んでしまうと、このポモドーロ自体意味の無いものになってしまうからです。

 

 

最後に:ポモドーロが使えるタスク

 

正直、なんでもありだと思います!

自分がそれに、集中しなければいけないと思えばどんな事柄でも使うことができます。

例えば、勉強、仕事などのように

机に向かうことだけではなく掃除や洗濯を

ダラダラしてしまうという人は

是非、導入してみてはいかがでしょうか?

 

4サイクル終わったあとは、ちょっとばかり達成感を感じることが出来るので是非!!

 

 

あやしうこそ、ものぐるおしけれ。

 

 

-徒然

Copyright© 徒然なるプリン日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.