徒然

フードロスの考え方と、その対策が日本にも浸透していく?

f:id:TurezurePudding:20190613033242p:plain

今日のニュース:コンビニの売れ残り実質値引き⁉

コンビニ、売れ残り実質値引き セブンなど食品ロス削減 :日本経済新聞

セブンイレブンが今年の秋から、全国約2万点で販売期限の迫った弁当や、おにぎり等を実質的に値引きするそうです。売れ残りの商品購入客にポイントで還元する方式で、食品ロスを減らすことができ、加盟店も廃棄費用の負担を減らすことができるという仕組みです。

また、ローソンも同様の施策を検討しているということです。

 

 

フードロスとは、本来まだ食べられる食品を賞味期限や形崩れを原因に廃棄されることを言います。

飲食店に限らず、一般家庭も含みます。

 

今日は食品ロスとは、ということから

f:id:TurezurePudding:20190517220525j:image

フードロスの実情

世界の食品廃棄はどれくらいか

世界のフードロスの量は、年間約13億トン。

この13億トン、どの位の量かというと世界の食品の約3分の1に相当します。

 

日本ではどうか

廃棄大国と呼ばれる日本では、年間約621万トン、東京ドーム5杯分の量です。1日当たりに換算すると、毎日お茶碗1杯を無駄にしているということになります。

そしてなんとコレは、世界的の飢餓で苦しんでいる人々に対する食糧援助(年約320万トン)を大きく上回ります

↑これを見ると、結構無駄にしてるなと思いますね、、、

 

対策は進んでいるか

世界は結構進んでいるらしい

アメリ

飲食店で食べきれなく残しそうな食べ物の持ち帰り文化が浸透しているそうです。

ちなみに、この持ち帰る時のバッグのことをドギーバッグと言うそうです。由来は、そのまま持ち帰るとみいっちい扱いされそうなので、犬のえさのためにという建前で持ち帰ることからだそうです。

 

フランス

2016に食品廃棄禁止法という法律が成立しました。大型のスーパーにおいて食品の廃棄を禁止し、廃棄に合わせて罰金を払うという仕組みです。

f:id:TurezurePudding:20190517220859j:image

なぜ日本で浸透しないか

気候

ドギーバッグで持ち帰ったものの食品管理については自己責任です。やはり、日本の高温多湿の気候において食品の劣化が早く食中毒の危険性があるということ。

3分の1ルール?

日本の食品業界における商習慣として、3分の1ルールがあります。製造から、賞味期限までの期間を3等分(納品期限、販売期限、賞味期限)にしそれぞれの期間を過ぎると廃棄になってしまうそうです。

この基準が他国と比べ厳しいそうです。

新鮮な食品を私たちが食べられるのはうれしいのですが、なんとも難しい問題ですね、、、

 

日本のフードロス対策の気運

NPO法人などのフードバンク

食品として問題はないが販売することができないもの(印字ミス、規格外商品等)を引き取り福祉施設や生活困窮者に配る活動など

 

フードシェアリングの民間サービス

この記事を調べていた時に見つけた、サービスがありました。

名前は「TABETE」

説明(Cocookingサイト引用)

【 TABETE 】フードロス削減をねらう国内初のフードシェアリングサービス | 株式会社コークッキング | CoCookingで創造的な暮らしを

 

閉店間際など、まだおいしく安全に食べられるのに廃棄の危機に面している食事を「食べ手」とつなぎ後まで売り切ることを応援するプラットフォームです。 

 食べて欲しい気持ちと、食べる側の「食べ手」とかかっているのが好きです。

TABETE

TABETE

CoCooking Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

今回は、アプリの存在の紹介だけですが、また違う記事でアプリの使用記事を書ければと思っています。

 

 

 以上のように日本でも、フードロスに対する気運は徐々に高まってきているように感じます。

今日の日経新聞のように、大手の企業が積極的に動いていくと

法律の面でも現在難しいアプローチもできるようになるのではないでしょうか。


-徒然

Copyright© 徒然なるプリン日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.