趣味の話

プリンを作ったら溶き卵が出来た話

投稿日:

f:id:TurezurePudding:20190618212007p:plain

 

ご存じの通り、このアカウントの名前は

「徒然プリン」です。

実は、instagramでは主にコンビニプリン、

たまにご当地やプリン屋さんのプリンを

皿に“盛る”という活動をしています。

 

この活動意義については

カラメルソース、下に敷くか?上からかけるか?

をご覧ください、

見ようによっては狂気の沙汰かもしれません

今回は、ふと安易な発想で

プリンを作ったというお話です。

 

 

さて、プリンを作るか

ただ食べるだけでなく、

自らも作れるようになると

アカウントの幅が広がり、

究極のプリンを追求できるのではないかと

考えたのが始まりでした。

 

しかし、当方料理なんてもってのほか。

経験がありません。

卵焼きしかできません。

 

スイーツなんて尚更です。

そこで、某レシピサイトを見ていたら

簡単そうなのがあるではありませんか!! 

「電子レンジでもできるプリン」

みたいな題名です

(URLを載せると風評被害になりかねないので伏せておきます)

 

てっきり、プリンは蒸すものだと思っていたので

これは簡単だ!!

しかも手軽にできるぞと

意気込んで取り掛かりました。

 

製造工程

材料調達

まずは材料をそろえます

  • 手ごろなボウル
  • 混ぜるやつ
  • 割れなさそうなコップ(陶器)
  • 茶こし
  • 牛乳→無かったので代わりに豆乳
  • 卵1つ
  • ラニュー糖→無かったので代わりに三温糖

まあなんとか、作るための食材が揃いました。

 

カラメルソース作り

最初はモチロン、カラメルソースからで

レシピ通り

  1. 砂糖大さじ1
  2. 水大さじ1
  3. 電子レンジ 600Wで1分30秒ほど
  4. 様子を見て飴色になるまで温める

といった具合です。

 

f:id:TurezurePudding:20190618235445j:image

 

ドヤ顔で言っときますが、使うマグカップ厚手のほうがいいです。

なぜなら高温で割れてしまう危険があるから。

そして、最初に20秒くらい温めて使ったほうが割れにくいです。

って書いてありました。

 

卵液作り

プリン本体のもととなる卵液を作ります。

これもレシピ通り(ここらへんから怪しくなります)

  1. 卵をボウルに入れる←割って入れます
  2. すり混ぜる←泡立たないように
  3. 砂糖大さじ2程、牛乳豆乳120㏄
  4. すり混ぜる

以上です。

 

f:id:TurezurePudding:20190618235519j:image

 

またドヤ顔で言いますが、

あまり泡立てるのはよくないそうです。

何でかわかりませんが、

まあそのほうが滑らかになりそうですね。

コツはボウルの底に当たる要領で

シャコシャコします。多分

 

最終工程

これも、そのサイトでは

茶こしを使っていました。

なんかそのほうが

不純物が入らないそうです。

 

なんとなくですが、ここで白身がごっそり無くなった気がします。

その後、またレンジでチンです。

このレンジがおそらく最大の鬼門です。

 

600Wで1分30秒~2分とありました。

取り出す目安は表面が

モコモコしてきたらだそうです。

「モコモコてなんやねん」

という不安を抱えながら加熱していくと

なんと、レンジ越しにも

モコモコしたではありませんか!!!!

 

「きた!!」と歓喜とともに取り出しました。

少し傾けると、液体かの如くチャポチャポしていたことは

目をつぶりました。

 

f:id:TurezurePudding:20190618235545j:image

 

それから、アルミホイルでくるんで粗熱を冷まします。

 

ある程度粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

 

 

手間をかけて作った溶き卵

取り出して、皿に移そうと思い

コップをひっくり返しました。

その動画がのっている投稿です。

 

www.instagram.com

 

 見ての通りの、サラサラ感

圧倒的液体!!

ゆとり×ブロガー"すなまめ"さん(@sunamame)

さんのコメントでのご指摘の通り、

どうやら溶き卵を作ってしまったようです。

 

 どうしてこうなった。。。

せめて、味はプリン味の液体だと

期待しつつ飲んでみても

卵黄の味だ。甘味はない、ただの卵だ。

まさに圧倒的溶き卵!!

 

f:id:TurezurePudding:20190618235602j:image

 

これが初めてのお菓子作りです。

正直、ドヤ顔でレシピのせて

“プリンブロガー”として

幅を利かせようとの魂胆が潰れた瞬間でした。

 

しかし、これで諦めるわけにはいきません。

 

次回の進歩具合、いざマネしたくなるようなプリンを追求して見せましょう。

こうご期待あれです。

-趣味の話

Copyright© 徒然なるプリン日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.